維持費を考える

不動産投資をするうえで最も肝心なことは不動産を安く入手することです。
これで収益物件となるかどうかは決まるといっても過言ではありません。
もちろん不動産投資では物件の所得後も管理をどうするか、賃料をどうするかなどいろいろと考えるべきことはあるのですが、最も重要なことはこの初期費用をいかに安くするかに関わってきます。
ですから、このことに最も多くの力を注ぐようにします。
例えば、競売物件を入手するというのも一つの方法ですし、中古物件から掘り出し物を探してくるというのも一つの方法です。
自分でリフォームする技術を身につけることで、人がいらないといって放り出した中古物件を人が欲しいというような物件に変えるのです。

これからの時代は資産運用によって個人の収益といったものが大きく変わってくることになるといえます。
給与などの個人の収入は頭打ちになっているのですから、後は投資によってどうやって収益を出していくかを考えていかなければなりません。
これまで資産運用といったものに目を向けてこなかった人も多いのですが、この超低金利の時代となっては個人の収益を伸ばす方法は投資によるものが多くなってくると考えられます。
貯金をしていても利息はほとんど付きませんから、資産運用な自分の資産を守るといった意味でも大切です。
デフレといわれる時代では貯金をしていても資産は目減りしていくことになりますから、それも一つのリスクと考えられます。